こんにちは。管理人のひろしです。このページを開いた方は恐らく仮想通貨を初めて間もない方が多いでしょう。そんな方々が詐欺(SCAM)に会わないために私の体験から実例を抽出して、詐欺に会わないための方法を記します。

投資サイトの注意点

 初めてのサイトを訪問したら、サイトのページ数や、構成を注意深く観察することが大事です。詐欺サイトのほとんどは作りこまれておらず、ページ自体も”~億円”とか”1000倍”などのJPEG画像を多用するのが特徴です。

 また、検索結果のサイト順位は20以下であることが多く、”必ずもうかる”から検索上位になるはずなのに、上位には登場しません。

インフルエンサー

 仮想通貨業界にはインフルエンサーと呼ばれる方々が存在します。これらの方々の投資案件を見てきましたが、100%詐欺でした。伏せて書くと、IZUM●氏やSHIMIZ●氏、等が有名な方です。

 これら詐欺の特徴は必ず”セミナー”を行うことです。私は行ったことが無いのですが、集団昏睡のような状態に陥り、投資してしまうようです。投資の際には必ずインフルエンサーの名前でネット検索を行い、詐欺を訴える人がいないか確認が必要です。また、これらの詐欺師は名前も変える事が多いので、注意が必要です。

自分でやらない投資

 投資勧誘で月利10%などと唄うものは99%詐欺です。複利計算サイトなどで月利10%を計算してみてください。資本が一年で3倍、3年で30倍にもなっています。

 ここで、なぜ自己投資で資金を十分増やせるのに、手間をかけて人に勧めるか考えてみてください。そうです、絶対増えないのです。狙っているのは貴方の資本を狙っており、投資初期段階においては配当を出すものの、7か月後には配当が原資を超えるので、飛びます。このスキームをポンジスキームと呼んでいます。

ステーキング詐欺

 資産をシステムに預け入れる事で毎月5%程度の収入(ステーキング)が得られるサイトが存在します。紛らわしいのは、大手の正当なステーキングが得られる取引所でも5%程度の月利はざらにあり、月利の高さで見分けがつかないことです。資産を預ける際は必ず大手取引所にしましょう。最近だとロシア語でステーキングを募るサイトが増えています。もちろん資金を預け入れて1か月ぐらいでサイトは飛びます。

情報流出と資産の流出

 私は度々情報の流出と、資産の盗難に会いました。以下に私が被害に会った実例や回避方法を解説します。

パスワード流出

 皆さんは様々なアカウントをお持ちかと思います。GMAILに始まり、アマゾン、ヤフー等をお持ちかと思いますが、最近では簡単なパスワードは受け付けないアカウントがほとんどです。

 パスワードが複雑だと一見盗まれないと思いがちですが、私はHOTMAIL(20桁)とEVERNOTE(10桁)のパスワードを盗まれました。未遂で終わったのですが、沢山のアカウントのパスワードが日々解析され、アタックを掛けられている状況です。

フィッシィング詐欺

  突然GMAILやアマゾンの管理者からメールが来て、貴方のパスワードを変更して下さいとか、貴方のパスワードが流出被害に会いました等が書かれています。そして、メール本文の中にリンクが張られていて、リンクに飛ぶとパスワードを要求されます。このリンク先は巧妙にGMAIL等のHPに似せて作られていて、ドメイン名を確認すると、G.MAIL.COMとかAMZON.COM等と違っています。そしてパスワードを入力した瞬間に盗まれ、悪用されます。

ブラウザの脆弱性

 私はGOOGLE CROMEを使っているのですが、ある時期から余計なエロ広告が出るようになりました。そしてある日間違って広告をクリックしてしまいました。その瞬間エロサイト(ADULT FINDER)に飛んだ瞬間にパスワードを取られました。

 CROMEの脆弱性は直せないので、今ではEDGE,BRAVE,FIREFOXなどを使うようにしています。特にFIREFOXは自動でメールのパスワード流出を検出してくれるのでとても安心です。

2段階認証

 需要なアカウントには必ず2段階認証をつけましょう。2段階認証とは、パスワードを入力してうえでさらにSMSによるワンタイムパスワードの送信やGOOGLE 認証システムを使用してワンタイムパスワードを発行してログインします。

 現状入金金額が大きいアカウントには必ず2段階認証をつけるようにしています。不正アクセスや、普段使用しないIPアドレスからのアクセスがあると必ずメールで確認が来るので、確認が来たら不正アクセスなのでパスワードを頻繁に変えるようにしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。