暗号資産・仮想通貨の始め方

こんばんは、ひろしと申します。わたしは暗号資産を初めて5年になりました。最初は資本(日本円を)を少しずつ入れていたのですが、徐々に暗号資産の儲け方がわかってきましたので、ブログに書いていこうと思います。私の経験を踏まえて初めての方にもわかりやすいように暗号資産についてのノウハウを書いていこうと思います。

 

質問とお問い合わせについて

質問がありましたら右上のフォームに入力・送信をお願いします。時間が許す限り回答させていただきます。

暗号資産・仮想通貨の初心者が初めに心得ておく事項

暗号資産を始めるにあたって、心得ていくことを記載します。私自身の経験からマイナス面を正直に書きますので、事故にあった時に気が楽になると思います。

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

暗号資産・仮想通貨は投資なので、全て自己責任

暗号資産は現在1万種類以上存在し、毎日タケノコのように生まれては消えているのが現状です。しかし、投資しで100%以上のリターンが得られる通貨は1%以下です。また、詐欺もたくさん存在し、詐欺師は新しい通貨を作成し、SNSなどで販売してきます。やがて、通貨に対する利息(リワード)が不足すると、即座にサーバーが飛びます。こうなるといままで投資したものは全くの電子ごみになってしまい、事実上回収は不可能です。もしも投資するならば、自分で情報を多方面から調査の上で投資することが大切です。

深くはまる程日々の資産額が変動

暗号資産は、株式投資や不動産投資と違って、日々の変動が大きいのが特徴です。50%の暴落、暴騰などは日常茶飯事で、中には一日で2000%の上昇したものもあります。いかに運営がしっかりしている通貨を創業初期段階で安く手に入れることが利益のポイントになります。因みに、私は2021年度で100倍以上になった通貨は3通貨ありました。非常に夢がありますね。

詐欺が非常に多い業界

SNSで暗号資産の発信をはじめると様々な人やインフルエンサーから情報が飛び込んできます。これらの情報については90%以上が損をする場合が多く、インフルエンサーを訴える事例は出ているものの、資金回収に至った事例を聞きません。特に有名人なんかはググればすぐにマイナス情報が出てきます。個人からの情報については投資の前に必ず下調べを行うようにしましょう。

暗号資産をはじめる手続き(口座開設)

1.日本の口座開設

日本の取引所で口座開設を行います。

以下のバナーでGMOコイン、Coincheck、Liquidの新規口座が開設可能です。とりわけ巷でも有名なCoincheckは使い勝手が良いので、開いておきましょう。もしもアカウントの設定方法で不明な点がありましたら右の問い合わせフォームで問い合わせください。



GMOコイン
コインチェック
QUOINEX

2.海外取引所の口座開設

バイナンス(binance):仮想通貨業界で常にトップの海外取引所です。安定しています。初心者の方は取り合えずアカウントを作成しておきましょう。仮想通貨で大きな利益をつくるには必ず海外取引所の開設が必要になります。

https://www.binance.com/en/register?ref=C7MQP6GI

okex:アメリカでメジャーな取引所です。安定しています。

https://www.okex.com/join/1917665

3.ウォレットの作成

仮想通貨を取引所の管理外に保存するのにウォレットが必要になります。有名なのは、MY ETHERWALLET、METAMASK等があります。

・MY ETHERWALLET:WEBブラウザのウォレットです。

私はこれで2度盗難に会いました。特にこれから仮想通貨を始める方は、セキュリティに注意しましょう。

https://www.myetherwallet.com/#generate-wallet

・METAMASK:CROMEの拡張で使えるウォレットです

MetaMask

基本的な取引方法

1.日本円を送金

自分の銀行口座から取引所の指定する口座に日本円を入金します。通常入金後30分ぐらいで取引所口座に金額が反映されます。

2.日本円で暗号資産を購入

取引所で暗号資産を購入しましょう。ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),リップル(XRP)などです。そのまま移動せずに値上がりを待つのも良いですが、海外で沢山の種類の通貨を取引したいのであれば、海外送金のためにイーサリアム(ETH)の購入がお勧めです。BTCでも送金は可能ですが、手数料が高く、送金が遅いです。

3.海外取引所へ送金(BINANCEの事例)

ETHを購入したら、日本の取引所で出金手続きを行います。下はGMOコインの送金画面です。

1.最初にBINANCEのWALLETでETHのDEPOSITを開き、以下のようなETHアドレスを取得します。

0xcf0a9e4e1c084d1d08df370206f49914c5de1f25

ETHアドレスにBEP20とERC20がありますが、最近(2021.5)はBEP20の送金が主流となっています。ERC20はETHの高騰とともに送金手数料が高い為、BEP20が主流となってきています。

注意:2021年9月現在。日本の取引所はERC20しか対応していないので、注意しましょう。日本の取引所への入出金は必ずERC20です。

2.日本の取引所でETHの出金手続きを行います。送金するETHの数量とETHアドレスを指定します。送金ボタンを押すと登録したメールアドレスに認証メールが飛びます。メールで認証を行うと10分程度で海外の取引所に送金が完了します。最近はETHの高騰に伴い送金手数料が高騰している為、安い通貨を選んで送金してください。2021.5月時点では、下図の通貨の中ではBCHが最も安いです。

3.着金したETHで様々な通貨を取引しましょう。BINANCEではMARKETを押して、ALTS MARKETでETHを指定しましょう。すると、ZIL/ETH,BNB/ETHなどのETHペアの通貨が表示されます。

暗号資産・仮想通貨高額エアドロップ 随時更新 

仮想通貨の自動取引について

取引所カテゴリの最新記事